【レシピ】タニカ ヨーグルティアSで甘酒を作る

ヨーグルティアSと水とご飯と米麹

美肌効果だったり、健康にも良いと女性の間でジワジワ話題の甘酒。「飲む点滴」とも言われてたりしますよね。

スーパーなどお店で買うのもいいんですが、市販の甘酒って人工甘味料が入ってたりして、毎日飲むにはちょっと・・・というものも多いんです。

だけど実は家でも簡単に栄養たっぷり、お砂糖なしの米麹を使った甘酒が作れちゃう。

と言うわけで今回はヨーグルティアSを使った甘酒の作り方をご紹介します!

 

甘酒作りを始める前に

必要なもの

米麹100gと水300mlとご飯

準備するのはこの3つ。

  • 米麹(100g)

  • 炊き立てのご飯(200g)

  • 水(300ml)

 

米麹について

今回はマルコメの乾燥麹を使います。マルコメの米麹をお皿に出してみると、お米みたいに一粒一粒がバラバラになってます。

マルコメの米麹をお皿に出した

麹はこういう風にバラバラになったバラ麹の他に、板みたいに固まったタイプの板麹を使うこともできます。ただ、板麹は使う時に自分でほぐしてバラさないといけないので、バラ麹を使った方が作業が楽です。

しかも、マルコメのバラタイプの米麹は乾燥麹なので、乾燥してない板麹に比べて長期保存にも長けてます。封を開けたらそのまま使えばいいだけなのもグッド。

米麹 商品イメージ

マルコメ 国産米使用米こうじ(100g×2袋) 200g×5個

 

内容器一式とスプーンを消毒する

甘酒を作り始める前に、雑菌が繁殖して甘酒作りが失敗しないように、ヨーグルティアSの容器を電子レンジで消毒しておきます。

内容器とスプーンを電子レンジで消毒している

内容器にヨーグルトスプーンを入れ、底が隠れるくらいの水を入れたら内蓋を閉めて電子レンジで消毒。500~600Wで約1分30秒くらい。

 

甘酒作り開始

ここから実際に甘酒を作っていきますが、大体こんな感じの流れになります。

甘酒の作り方

  1. 容器にご飯と水を入れてかき混ぜる
  2. そこに米麹を加えてさらにかき混ぜる
  3. あとはヨーグルトメーカーにセットして待つだけ!

それでは甘酒作りスタート!

ご飯とお水を入れてかき混ぜる

まず、容器にご飯とお水を入れてかき混ぜます。この時麹はまだ入れないこと。

容器にご飯と水を入れてかき混ぜている

麹に含まれる酵素は熱に弱いです。身体に働きかけてくれる酵素が死んでしまうともともこもないので、麹は炊き立てのご飯の温度を水で下げてから入れるようにします。

麹を投入してかき混ぜる

容器に米麹を入れている

ここでマルコメの米麹を一袋投入!お米と麹が綺麗に分かれてますね。

かき混ぜている

材料を全部入れ終わったらまたかき混ぜ。

発酵がうまくいくように、麹とお米がなるべく均等になるように混ぜるんですが、軽く混ぜただけではなかなか綺麗に混ざらない・・・。

こういうしっかりした作業をする時に、容器の口が大きいのは便利だなと思いますね。

ヨーグルトメーカーにセット

かき混ぜ終わったら内蓋と取っ手蓋を閉めてヨーグルトメーカーにセットするだけ。

ヨーグルトメーカーにセットしている

温度設定は60度、タイマーを7時間に。出来上がりのお知らせが入るようにブザー設定もしておきます。

甘酒完成

7時間後、甘酒完成です!

出来上がった甘酒の容器を取り出した

表面にそんなに凹凸がなく綺麗で、お米が炊き上がったみたいな感じ。

容器の蓋を開けて見た甘酒の表面

甘酒と言われると、もう少し水分があるイメージありますよね。こうやって表面を見ると本当にお米っぽいんですが・・・

完成した甘酒を軽くかき混ぜている

かき混ぜてみるとちゃんと水分も出てます。

 

まとめ

砂糖や甘味料はもちろん入ってなくて、米麹の自然な甘みではあるんですが、実際飲んでみると結構甘くて濃いです。

そのまま少量ずつ食べるのもいいし、甘さ控えめにしたい場合はお湯で割って生姜を入れたり、豆乳を入れたりしても飲みやすいです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です