毎日使って分かった!ヨーグルトメーカー容器の使いやすさ比較

各社ヨーグルトメーカーの容器

「毎日ヨーグルト生活」を実現するには、ヨーグルトを作る時に使う容器の使い勝手が重要になってきます。

初めてヨーグルトメーカーを選ぶ時は値段と作れる物のバランスばかりを気にしてしまうもの。でも実際にヨーグルトメーカーを買うと、どんなにコスパがよくても、使いやすくないと続かないということが分かってくるんです。

そこで今回は、容器の使いやすさに注目して、3日坊主にならないヨーグルトメーカーはどれなのか探ってみたいと思います!

 

今回比べる容器たち

アイリスオーヤマ IYM-012

アイリスオーヤマ IYM-012と容器

牛乳パックタイプの「アイリスオーヤマ IYM-012」。ヨーグルトを作る時には牛乳パックが容器代わりになります。また、肉や魚の低温調理や甘酒などの発酵食品を作る時は、付属の専用容器を使います。専用容器の容量は800mlで、画像では分かりにくいですが目盛も付いてます。

 

タニカ ヨーグルティアS

タニカ ヨーグルティアSと容器

ヨーグルティアSには専用容器が2つ付属しています。ヨーグルトを切らさないようにしたい場合も安心ですね。そして専用容器の最大容量は1,200ml。目盛がはっきりしてて見やすいです。

 

クビンス

クビンスと容器

クビンスにも2つの専用容器が付属しています。最大容量は2,000mlで、透明の目盛付き。容量はヨーグルティアSより大きいです。

 

アイリスオーヤマ PYG-15-A

アイリスオーヤマ PYG-15-Aと容器

「アイリスオーヤマ PYG-15-A」には、大小あわせて9つの専用容器が付属しています。容量は(大)が1,500ml、(小)が150ml。どちらも陶器製です。

 

容器の消毒のしやすさ

ヨーグルトを作る上で避けて通れないのが容器やスプーンの消毒です。この作業がどれだけ手軽にできるかは大きなポイントです。

アイリスオーヤマ IYM-012

牛乳パックタイプのヨーグルトメーカーは牛乳パックがそのまま容器になるので、容器の消毒は必要ありません。しかし牛乳パックキャップとヨーグルトスプーンの消毒が必要。でも残念ながら、付属のものは電子レンジ消毒ができません。熱湯消毒しないといけない。

計量スプーンと牛乳パックキャップを熱湯消毒している

小物なのでそんなに大変というわけではないですが、どうせ消毒が必要なら、やっぱり電子レンジで消毒できるものが便利と思ってしまいます。

 

タニカ ヨーグルティアS

内容器とスプーンを電子レンジで消毒している

ヨーグルティアSは容器もスプーンも電子レンジで消毒できます。

ヨーグルトメーカーを買ったばかりの頃は、熱湯消毒の手間くらい気にならないと思ってたんですが、毎日となると結構負担になるんですよ。だから電子レンジで消毒できるって本当にありがたい。

内容器とヨーグルトスプーン

スプーンもまとめて消毒できるようにスプーン用の穴があけられてます。これがなかったら内蓋をかぶせた時にずれちゃう。細かいポイントなんですが、こういう点がしっかり押さえられてるのでストレスが溜まりません。

 

クビンス

電子レンジで容器を消毒する

クビンスの容器も電子レンジ消毒出来ます。

ヨーグルトスプーンを熱湯消毒している

ただ残念なのがヨーグルトスプーンが付属してないので自分で用意しないといけない所。ステンレスのヨーグルトスプーンなら、別に熱湯消毒が必要になります。

ちなみに説明書にはスプーンの消毒については一切触れられていません。スプーンくらいは消毒しなくても問題ないということなんでしょうが、失敗してヨーグルトが固まらなかったら悲しいので、スプーンも消毒しておいた方が無難かなとは思います。

電子レンジで容器とコンビニのスプーンを消毒する

レンジOKのスプーンなら、電子レンジで容器と一緒に消毒できます。

 

アイリスオーヤマ PYG-15-A

「アイリスオーヤマ PYG-15-A」は陶器製の容器で、熱湯消毒をする必要があります。スプーンもついてないので、自分で用意し、一緒に消毒する必要があります。

内容器(小)やスプーンを熱湯消毒している

8個の小容器の消毒はやっぱり少し大変ですね。お湯を容器にかけるのは簡単なんですが、その前に食用洗剤で容器を洗うのが大変。

そう言いつつ出来たヨーグルトの美味しさに、そこを通り越してまた作りたくなる。プラスチック製容器で大量に作った物よりも陶器で小分けに作ったヨーグルトの方が美味しい気がするんですよ、本当に。

大容器とスプーンの熱湯消毒

大容器は一つだけなので、小容器に比べて特に面倒ではありません。

 

かき混ぜやすさ

次は種菌ヨーグルトと牛乳の「かき混ぜやすさ」について。ヨーグルトのだまが残らないようにすることが綺麗にヨーグルトができるかどうかのポイントです。

アイリスオーヤマ IYM-012

かき混ぜている

このように牛乳パック内でかき混ぜるんですが、「アイリスオーヤマ IYM-012」付属のスプーンの長さは牛乳パックと同じくらいの長さしかないんです。

このスプーンを付属してくれているのはありがたいんですが、長さ的に楽々かき混ぜられるって感じじゃないですね。もう少しスプーンの長さが欲しい。

 

タニカ ヨーグルティアS

かき混ぜている

ヨーグルティアSの容器にジャストサイズのスプーンの長さだし、ヨーグルトや牛乳の量を自分のペースで調節しながらかき混ぜられるのもグッド。牛乳を少量入れてかき混ぜれば、だまが残りにくく使いやすい。

 

クビンス

かき混ぜている

クビンスも少量でかき混ぜることができるので、ヨーグルティアSと同じくだまが残りにくいです。

 

アイリスオーヤマ PYG-15-A

大容器に少量の牛乳を入れてヨーグルトとかき混ぜる

「アイリスオーヤマ PYG-15-A」もヨーグルティアSやクビンスと同じくかき混ぜやすいんですが、容器が陶器なので、用意するスプーンの素材には気を使いますよね。ステンレスだと傷つくかな?とか。

こういう時に付属でスプーンが付いてるヨーグルトメーカーって安心だなと思いますね。

 

かき出しやすさ

完成したヨーグルトを器に盛るときや水切りする時の「出しやすさ」をチェック。

アイリスオーヤマ IYM-012

付属のスプーンで底のヨーグルトをかき出している

ちょっと見にくいですが、付属のスプーンでは長さ的に底までかきだすのがちょっと苦しいです。スプーンの形的にも底のヨーグルトを取るのが大変です。

 

タニカ ヨーグルティアS

使いやすいタニカのスプーン

ヨーグルティアSは専用容器で口が大きく、付属のスプーンも使いやすい!

 

クビンス

チーズフィルターにヨーグルトを流し入れている

プラスチック製容器で口も大きいので出しやすいです。

 

アイリスオーヤマ PYG-15-A

大容器のヨーグルトをタッパに移す

慣れれば問題ないかなという程度ですが、口が狭まってるので、ちょっとコツがいります。

 

まとめ

「アイリスオーヤマ PYG-15-A」は値段的にものすごく頑張ってますが、細かな部分の使いやすさという点で、やはり専用容器タイプに負けてしまう部分も多いかなと思います。

次に専用容器タイプの中でどれが使いやすいかですが、これはだいたい想像つくかと思うんですがやっぱりタニカのヨーグルティアSが使いやすかった。

購入したユーザーの意見が反映された作りになっているそうで、付属品のスプーンも容器も使い勝手としては言うこと無しです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です